コラム

コラム

瞑想による変化=継続

瞑想を始めようとするときには、必ず動機とか目的があります。 動機とか目的は人それぞれ違いますが、 誰でも生まれてきてから、もしかしたらそれ以前から長い時間をかけて 出来上がっている、今現在の自分が変革を起こすには、やはり長...
コラム

光る目

先週、母の入院先へ面会に行きました。 車椅子に乗って面会室に来た母の目は閉じ、 なにやらブツブツ言っています。 「お母さん。目を開けて」と促すと、 開いた目は眼光鋭く、背筋がゾクッとする思いでした。 「しっかり...
コラム

母… 迫る死

昨年は入退院を5回繰り返し、 今年2月中旬、 憩室炎からの下血で体調を崩し入院しています。 昨年までの入院中は、食事もできるだけ完食するように心掛け、 辛いリハビリも頑張っていました。 それは、1日でも早く家に...
コラム

☔雨

目が覚めたのは、朝の5時を過ぎた頃。 外から聞こえる雨音。久しぶりの潤いの☔。 部屋の照明を点けずに、雨音に耳を澄ます。 心はやけに静かで、平安で、 瞑想をしているかのようなそんな気持ち。 ...
コラム

瞑想を続けるために

夏の盛も終わり、鈴虫、コオロギの鳴く季節になりました。 瞑想をするのにも最適な気候でもあります。 師のこれまでの貴重な言葉を読み返していると 「一日抜けても、次の日にやるようにすれば継続と言える」 確...
コラム

死者はほほえむ

父の死を皮切りに、 夫の長兄、義母、三人の叔父が立て続けに亡くなりました。 棺に収められた死に顔は誰も穏やかな表情でした。 昨年から母も入退院を繰り返し、 ふくよかだった体型も今では骨皮となり見るに忍びません。 ...
コラム

燻っている感情

朝目が覚めて、突然に湧き上がってきた怒りの感情。 その相手が身内だけに縁が切れないもどかしさ。 一本芯の通っていない母の耳元で囁く◯◯。 その◯◯に翻弄される母。 これまでどれだけ嫌な思いをし傷つけられただろ...
コラム

瞑想を続けていくために

先月から瞑想教室を再開し、初めての方が瞑想体験に参加されました。 コロナ禍で一人で瞑想する期間が長かったので、 久しぶりに一緒に瞑想することで、喜びと共に新鮮な気持ちになりました。 瞑想を続けていくのは、一番難しい...
コラム

整理しながら気づいたこと

夫婦とも70歳を過ぎ終活を考えるようになりました。 話し合いの結果、自宅を売却し中古住宅を購入することにしました。 金井先生から「不動産は縁のものなで、気長に探せばよいです」 とアドバイスをいただきましたので、そうするつも...
コラム

「神話のふるさと」宮崎へ

先月下旬に夫と娘も誘って宮崎に行ってきました。 当日はポカポカ陽気で、シーガイアの西側に位置する御池(みいけ・みそぎの池) の水も程よい温かさもあって、両足を10分ほど浸しました。 浸していると何故かしら元気を頂いているよ...